鹿児島の入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)は山形屋歯科坂上医院

  生体用シリコーン裏装義歯の説明 

『コンフォート義歯』はバイテック・グローバル・ジャパンが開発・作製した『生体用シリコーン裏装義歯』の正式名称です。

いままで、何回も義歯を作り直してみたけど、義歯がはぐきに当たって痛い!
『ギユッ』と噛み締めることが出来ない!
もっと食べ物を力強く噛み締めて食べてみたい!

なぜ、義歯で噛もうとすると痛いのでしょうか?

食べ物を噛む時、自分の歯と入れ歯との大きな違いは、噛む力を受け止める部分が異なるという点です。

shiri_10.jpg(67599 byte)

自分の歯の場合

 左図のように、自分の歯で噛んだ場合には、その噛む力は歯を支える骨との間にある『歯根膜』で受け止めます。
 歯の根はアゴの骨に通じていて、この『歯根膜』がクッションの働きをしています。このため、噛んだ時の力は、この『歯根膜』によってその衝撃が弱められアゴの骨に無理の無い状態で伝えられます。

 

入れ歯の場合

これに対して、入れ歯は噛んだ力は、直接『はぐき』が受けることになりますが、このはぐきは元々噛む力を受け止める為の組織ではありません
その下方にはアゴの骨があります。
従って『はぐき』は入れ歯のプラスチックとアゴの骨との間に挟まれることになります。

shiri_11.jpg(66025 byte)

 ここがポイントになるのですが、歯科医は入れ歯を作るための型をとる時には、
 はぐきの型をとっているだけで、その内部のアゴの骨の形態は型には出てきません。

 ですから、『ピッタリ合った入れ歯』が出来上がった状態でも、右上図のようにアゴの骨がとがったり、デコボコしていたりする部分には、強い力が加わる事になり、粘膜がダメージを受けて、その結果として『噛むと痛い』という状態になります。

これでは、アゴの骨がとがったり、デコボコのある方に、
どんなにベテランの歯医者さんが心血を注いで入れ歯をつくっても
必ず、噛むと痛い部分がでてくることになります。

これが、何回入れ歯を作り直しても痛くて噛めない理由です。

入れ歯を使うすべての人々に“噛みしめられる生活”を!

 でも、ただてさえ、軟らかいはぐきの上に硬い入れ歯が乗る…これは当然痛いのが当たり前ですよね。
 やっぱり「痛い」「噛めない」「はずれやすい」というのが、入れ歯の常識でしたよね。

jiji.jpg(12155 byte)

irebaba.jpg(13273 byte)  これを何とかしようとして、薬局で市販されている入れ歯安定剤を買ってきて、入れ歯に貼り付けて使用すると、暫くはそのクッションの作用で、痛みを感じず、安定した状態になるかのような錯覚に陥ります。
 しかし、数日おきに、また入れ歯安定剤を交換しなくてはならなくて、とても面倒ですよね。
 しかも、この『入れ歯安定剤』は歯科医の管理の元に使用されることなく、患者さんの都合のみで用いられます。
 この状態での使用は、知らず知らずの内に顎の骨の吸収を促進し、やがて顎の骨はどんどん痩せてゆきます。
 こんな事を繰り返していたらはぐきに悪影響がでてくるのは目に見えています。

もう、そろそろこんな生活にサヨナラしませんか?

shiri_12.jpg(122965 byte)

入れ歯の内側に医療用生体用シリコーンゴムごく薄く張り付け
そのクッション性により痛くない入れ歯を作ることが出来ます。

『コンフォート』とは、歯槽骨と粘膜の保護を第一に考えた、
義歯の粘膜面裏装加工技術
です。
 どの患者さんにもお勧めですが、特に痛みのある患者さんには最適です。
 新しく入れ歯をつくられる場合や、
今ご利用の入れ歯に加工することができます。
 生体用シリコーンによって、入れ歯のクッション性と密閉性を大幅に向上させることで、「痛い」「噛めない」「はずれやすい」という従来の入れ歯の常識を覆しました。
『コンフォート義歯』はバイテック・グローバル・ジャパンが開発・作製した
『生体用シリコーン裏装義歯』の正式名称です。

shiri_13.jpg(33861 byte)

では、市販の入れ歯安定剤とどうちがうのでしょうか?

硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。

shiri_14.jpg(27904 byte)

 生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。
 生体用シリコーンは適度な粘りがあるので、ハグキにピッタリと吸着します。
 食べ物が挟まりにくく、落ちたり、外れたりしにくくなります。

 これまでの実績では、4年以上の利用でも、生体用シリコーン部分の変色や剥がれは見られないと報告されています。
 長期間安心してご利用いただけるよう、コンフォートには材質の劣化やはがれについて、3年間の保証が付いています。

「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。
 コンフォートは医療に用いられる、生体用シリコーンを使用。その軟質・粘弾性によって噛む力を分散させるため、歯ぐきに伝わる圧力を軽減。部分的および全体的な痛みを防ぎます。

shiri_15.jpg(19556 byte)

 また、噛む力を効率よく食べ物に伝えるという一体整形技術によりぐっと噛みしめることができ、イカのような噛み切りにくいもの、温野菜のような歯ですりつぶすものなど、食べる楽しみを満喫できます。

■コンフォート義歯の利点

『コンフォート義歯』はバイテック・グローバル・ジャパンが開発・作製した
『生体用シリコーン裏装義歯』の正式名称です。


  @  生体の血液や体液などの組織液によって変性しない。
  A  周囲組織に炎症を起こさず異物反応がない。
  B  発癌性がない。
  C  アレルギー反応や過敏性を起こさせない。
  D  組織内に長時間さらされても、抗張力や弾性などの機械的性能の劣化がない。
  E  滅菌操作により変性しない。
  F  加工、造型が容易である。
  G  軟組織用材料として十分な柔軟性をもつ。
  H  痛くないので『ギユッ』と噛み締められる。
  I  入れ歯がはずれにくく、使用感が良い。

irebaba_2.jpg(13812 byte)

コンフォート義歯は、
入れ歯の内面に「やわらかいガムのような素材(生体用シリコーン)」
がはってあり、これがクッションの役割をはたし
食事を痛くなく快適に取ることができます。さらに、吸着力も抜群であり、
長い時間入れ歯を入れていても疲れません。

 この生体用シリコーンは、コンタクトレンズや心臓のペースメーカーのチューブでも使用されており、安全な素材です。
 現在使用中の入れ歯でもある程度顎の形にあっている入れ歯であれば、生体用シリコーンを貼り付けるコンフォート加工は可能です。
 詳しい内容につきましては、下記からも御覧いただけます。

shiri_16.jpg(23542 byte)

 生体用シリコーン裏装義歯の詳細につきましては、皆様の主治の歯科医の先生にご相談下さい。

 当院での作製をご希望の方は、御来院頂ければ、費用、設計、製作過程、出来上がりまでの期間等につき、詳しくご説明いたします。

 尚、当院では、現在御使用中の『噛むと痛い入れ歯』に、この医療用生体用シリコーンゴムに非常に性質の良く似た材料を貼り付けて、『生体用シリコーン裏装義歯』での噛みごごちを疑似体験して戴くことができます。

 通常、この擬似体験をして頂いた後に『生体用シリコーン裏装義歯』を作成致しますので、御希望の方は現在使用中の『噛むと痛い入れ歯』をご持参下さい。

 『生体用シリコーン裏装義歯』を作製なさるかどうかは、この疑似体験の後にゆっくり考えて、決めて戴いて結構です。

『コンフォート義歯』はバイテック・グローバル・ジャパンが開発・作製した『生体用シリコーン裏装義歯』の正式名称です。


  診療時間のご案内

 当歯科医院では、原則として日曜・祝祭日・年末年始(12月29日〜1月2日)・お盆の期間(8月13日〜8月15日)を休診日とさせて頂いております。

  診療時間のご案内

 当歯科医院では、患者さんの待ち時間を最小限にするために、原則として予約制を採用しております。

診療時間
10:00〜13:00 ×
14:30〜18:30 × ×

 歯科医院での治療を御希望の患者さんは下記電話番号にて、当院に御連絡下さい。
当院スタッフが予約の空いている時間帯を丁寧にご案内致します。

山形屋歯科坂上医院専用 099-225-3789 山形屋内線 099-227-6086

 


鹿児島市金生町3番1号 山形屋デパート内 1号館中央階段中4階
山形屋歯科坂上医院

COPYRIGHT(C) 山形屋歯科 坂上医院 ALL RIGHTS RESERVED.

総合サイト集 NaviCube Dan David Prize Cypollo.COM Labike.ORG/ mbdcwa.COM お役立ちサイト集