鹿児島の入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)は山形屋歯科坂上医院

  マスコミ掲載情報 

◆ マスコミ取材 『週間新潮(8月11・18日号)』表紙

週間新潮

 

◆ 週間新潮(8月3日号)掲載

週間新潮特別企画「よくかめる美しい入れ歯最新市場特集」にて
『入れ歯の匠』

として、鹿児島の山形屋歯科坂上医院が紹介されました。

 

◆ その中身を紹介します

<記事要点抜粋>

最近の傾向としては、若い人の虫歯が減って来ました。
歯周病についても治療が進んでいます。


しかし一方で、高齢者を中心に、歯を失って困っている方が増えているのも事実です。


また、単に噛めればよいというだけでなく、見た目も美しくということで、より審美性と機能性に優れた治療が望まれるようになって来ています。


歯周病の治療や虫歯の抑制など、40〜50代までの歯科治療は成功していると思います。


しかし、いったん治療が終わった後のメンテナンスがよくできていません。


定年退職されたあたりの年齢の方の中には、口の中がいたましい状態の方も多くいます。
噛み合わせが崩壊してしまうと、義歯をつくるにしても大変難しくなります。
そういった難症例が増えているように思います。


入れ歯で悩んでいる方も大変多いです。
歯の欠損部分を人工物で補って、噛む、発音する、飲み込むなどの機能を回復して、社会生活が支障なく送れるようにするのが補綴歯科治療です。


欠損の状態に応じて、かぶせ物やさし歯、両側の歯を削ってかぶせ物をするブリッジ、部分入れ歯、総入れ歯など様々な方法があります。


インプラントもチタン性の人工歯根をあごの骨の中に埋めて上に義歯をつくる治療ですから、補綴治療の一種といえます。


補綴治療というのは、ただ単に歯の代用物をそこにうめ込めばいいというものではなく、咀嚼(そしゃく)機能とそれが全身に及ぼす影響について熟知した上で、治療を行う必要があります。


入れ歯が合わないから、インプラントにして固定してしまえば万事うまくいくかというとそういうわけでもない。


もちろん、インプラントがすばらしい効果を発揮する場合もあります。


しかし、機能回復の一手段であって万能ではありません。


入れ歯でも、補綴の高度な知識と技能をもった歯科医師がうまく作れば、安い費用で患者さんを十分に満足させることができます。

 

トップページへ トップページ

コンテンツ

   


  診療時間のご案内

 当歯科医院では、原則として日曜・祝祭日・年末年始(12月29日〜1月2日)・お盆の期間(8月13日〜8月15日)を休診日とさせて頂いております。

  診療時間のご案内

 当歯科医院では、患者さんの待ち時間を最小限にするために、原則として予約制を採用しております。

診療時間
10:00〜13:00 ×
14:30〜18:30 × ×

 歯科医院での治療を御希望の患者さんは下記電話番号にて、当院に御連絡下さい。
当院スタッフが予約の空いている時間帯を丁寧にご案内致します。

山形屋歯科坂上医院専用 099-225-3789 山形屋内線 099-227-6086

 


鹿児島市金生町3番1号 山形屋デパート内 1号館中央階段中4階
山形屋歯科坂上医院

COPYRIGHT(C) 山形屋歯科 坂上医院 ALL RIGHTS RESERVED.

総合サイト集 NaviCube Dan David Prize Cypollo.COM Labike.ORG/ mbdcwa.COM お役立ちサイト集