鹿児島の入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)は山形屋歯科坂上医院

   基本理念

 患者さんにとって最良の入れ歯とは?

まず、この事を第一に考えて、入れ歯作りの提案をさせて頂いております。

 特に入れ歯に関しては、皆様には分かりにくい部分が多く、以前高価な費用をかけて作製した入れ歯がうまく合わず、ちゃんとかめなかったという経験のある方には、自費治療の入れ歯に対する警戒心の強い方もおられるようです。


『どんな入れ歯が自分には良くて、どんな入れ歯が不向きなのか』が、最も興味のある事・十分に説明してもらいたい項目だと思います。


金属床だから値段が高く、プラスチックだから値段が安いとも言えません。


一見同じように見えるプラスチックの入れ歯でも、実際に入れてみると健康保険と自費治療では全く別の入れ歯に感じられると思います。

 健康保険の範囲内で作製するいれ歯

我々歯科医師の大半は、歯科医師免許取得に引き続き『保険医』の資格を取得します。
保険医は『療養担当規則』と呼ばれる約束事の範囲内で『保険診療』を行います。

現在の日本には、世界に誇る国民皆保険制度があり、皆様が支払った保険料と税金で運用されています。
この財源には限りがあり、国の管理の元で医科・歯科・薬局等の分野にどのくらいの資金を割り当てるかが決められます。
そのため、当然どの分野でも無駄のない医療費の使い方をするように指導が行われます。

入れ歯についても同じで、使用材料や技術に関して細かなルールが決められております。
歯科医学は、健康保険のルールとは関係なく進歩してゆき、新しい技術や材料がどんどん開発されています。
これらの新技術や新材料の使用に関しては、健康保険のルールに適用されるまでは、健康保険治療での入れ歯に使用することが出来ないのが残念です。

しかし、私たちは国民皆保険制度を守り、将来へと繋いでゆかなくてはなりません。
従って、入れ歯は健康保険のルールで決められた枠の中でできる限りの入れ歯を作ることになります

健康保険の範囲で作製する入れ歯の詳細は、『健康保険の入れ歯』を参照して下さい。

 自由診療(自費治療)で作製する入れ歯

自由診療で入れ歯を作成する場合には、材料は厚生労働省がその安全性等を審査し認可されたものであれば自由に使用することが出来ます。

作製に係る技術に関しても、学問的に適切なものであれば制限なく応用して入れ歯作りを行うことができます。

入れ歯を自由診療で作る場合には、健康保険適応の入れ歯では実現出来なかったさまざまなご希望に沿う入れ歯を作ることができます。

『入れ歯を使っている事を人に知られたくない。』

『入れ歯の異物感が激しくて口の中に入れていられない。』

『入れ歯の下の食べかすが入り込んで食事がしにくい。』

『入れ歯でかもうとすると、痛くてかめない。』

『入れ歯が口の中ではずれたり、動いたりする。』

『もっと快適に使用できる入れ歯が欲しい。』

『ギュッとかみしめる事の出来る入れ歯が欲しい。』

まだまだ他にも色々なご希望があると思います。
これらは、適切な技術や材料を使って入れ歯を作ればほとんどが実現可能です。

では、自費治療の入れ歯なら、装着したその日から100%快適で満足な入れ歯になるのでしょうか?

以前、どこかの国で、歯の抜けたロバのために歯科医が入れ歯を一生懸命に作製したのに、当のロバはその入れ歯を吐き出してしまったという話を聞いたことがあります。

本来入れ歯は異物です。残念ながら装着してすぐに快適だという入れ歯はどこにもありません。

 しかし、人開には理性があり、社会生活に必要なかむための道具だと理解するから入れ歯を装着できるのです。
入れ歯を含め、歯科治療は利点と欠点を天秤にかけたとき利点の方が欠点をはるかに上回るから行っているのだとお考えください。

 そのため、入れ歯作りは、入れ歯の必要性、作製方法などを十分に理解したうえで、患者さんと歯科医が十分に話し合いながら共同作業で進めないとうまくいかない性質のものです。

特に異物感の強い人や、神経質過ぎる人、面倒くさがりの人にはその欠点の方が前面に出てきます。
そのような時にはインプラントも選択肢に入ってくると思います。
インプラントと快適さを比較すると、入れ歯は決して快適ではないかもしれません。
 大切なことは、それぞれの欠損補綴(いろいろな種類の入れ歯・インプラント)の利点と欠点を天秤にかけてみて、自分にとって利点の方がはるかに大きいという選択をすることです。

当院では、それぞれの入れ歯治療の利点・欠点を十分説明した上で、皆様のご希望を十分に尊重し、健康保険治療か自費治療かに関係なく、与えられた範囲内で全力を尽くして入れ歯を作成致します。

トップページへ トップページ

コンテンツ

   


  診療時間のご案内

 当歯科医院では、原則として日曜・祝祭日・年末年始(12月29日〜1月2日)・お盆の期間(8月13日〜8月15日)を休診日とさせて頂いております。

  診療時間のご案内

 当歯科医院では、患者さんの待ち時間を最小限にするために、原則として予約制を採用しております。

診療時間
10:00〜13:00 ×
14:30〜18:30 × ×

 歯科医院での治療を御希望の患者さんは下記電話番号にて、当院に御連絡下さい。
当院スタッフが予約の空いている時間帯を丁寧にご案内致します。

山形屋歯科坂上医院専用 099-225-3789 山形屋内線 099-227-6086

 


鹿児島市金生町3番1号 山形屋デパート内 1号館中央階段中4階
山形屋歯科坂上医院

COPYRIGHT(C) 山形屋歯科 坂上医院 ALL RIGHTS RESERVED.

総合サイト集 NaviCube Dan David Prize Cypollo.COM Labike.ORG/ mbdcwa.COM お役立ちサイト集